待ち合わせ >>

ピップは16歳になりました。


   
            8日にピップは16歳になりました。

            我が家に来たときは、夜鳴きをする日が続きました。
            親、姉妹が恋しかったのしょう。


f0179059_05395661.jpg


            小さい時に耳の病気、片方の耳がピンと立っているのは、
            その後遺症です。

            背骨の接続に問題があり、それが欠けると、歩けなく
            なります。何度もそれが起きました。
         
            その度に、もうだめかな・・・と思い覚悟しました。
            今でもその不安は十分にあります。


            また、死の勧告をされたこともあります。・・・★

            そして今現在は、睾丸の片方に腫瘍があります。
            片方だけが異様に大きい。
            昔、近場の獣医に行き、虚勢手術の相談をした際、
            その獣医が、そういうことは賛成できないと、説得され、
            そのままにしたのが、やはりいけなかったのでは・・・
            後悔しています。


            もう年なので、手術は体にかなり負担がかかり過ぎるので、
            勧められないと言われました。          
            

            16歳! ピップよりも若かった、ご近所の犬仲間は、
            もうとっくに亡くなってしまい・・・。

            色々な健康問題を抱え、よくここまで生きてきたね。

            今日はピップと一緒に、庭を一回り。


            我が家の庭の端には丘からの水が下りてくる小川があり、
            ピップはよく、ここの水を飲みに行きます。         

            あー、美味しい。


f0179059_05320823.jpg
             急坂で、戻るのにちょっと一苦労の様子。

             
             がんばれ~。 


f0179059_05322714.jpg
               こんなに豪華なクレマチスが!気がつかなかった。



f0179059_05361079.jpg
                15年ほど前、ガーデニングの雑誌の、クレマチス
                のプレゼントに応募して届いたものです。
                ずっと面倒を見ず・・・これからしっかり面倒
                を見ます。


                ピンクの花のイチゴが大きくなってきたので、
                大きな鉢に植え替えました。



f0179059_05345550.jpg


                ここ数日でどんどん伸びています。



f0179059_05342458.jpg
                 我が家のつる薔薇。


f0179059_05334755.jpg
             
               湖側に面した薔薇はやはりこの薔薇にかぎります。

               強風にも強い薔薇です。


f0179059_05332264.jpg
    
               ピップはよく食べ、頻繁に昼寝をしています。              


               あとどのくらい生きてくれるのでしょう?

               また一年が健康でありますように。

               
            ******  ******  *******                  


                
               
               
 



[PR]
by maribabalondon | 2018-06-09 08:11 | 犬/その他の動物 | Comments(22)
Commented by marrone-marrone at 2018-06-09 09:44
のっけから笑ってしまいました!
ピップが可愛らしすぎて!

確かに、避妊などの手術は獣医の言うことがまちまちで混乱したのを思い出しました。
マロンはクリニックを変えてしましたが、「手術後、尿漏れっ子になる」と言われましたがそんなことなかったです。
イチゴにピンクの花、あるんですね。かわいい。
マリコさんの庭はパラダイスのよう!
手入れは大変だろうと思いますが、忘れていたクレマチスなどに癒されますねえ~
ピップ、
これからもお利口でげんきでね!
Commented by fran9923 at 2018-06-09 12:29
ほんと、可愛い〜〜!
人間の子供のよう!
きっと長生きしてくれますよ。
marikoさんがこんなに大切にしてあげているのですから。
お庭が花盛りになりましたね。
クレマチスの立派なこと!!
Commented by おちゃ at 2018-06-09 15:52 x
ピップ、がんばろーー。
茶々之介氏もがんばりましたよ。
できるだけ楽しいことしてね。
おとーさん、おかーさんと一緒にね。
Commented by echalotelles at 2018-06-09 17:18
ピップ!お誕生日おめでとう♪
川のお水はおいしいね!
お庭にこんな素敵な清流が流れているなんて、素晴らしいですね。
ピップ、優しいお母さん、お父さん、気持ちいい素敵なクッションやソファーやお庭と一緒に、これからも元気でいてね。
Commented by yoshi at 2018-06-09 18:51 x
フランスでは去勢はほとんどやられていないということです、北欧、 アメリカ、イギリスの人たちがよりするそうでマルコも先週してきました、
今は何事もなかったように元気です。
体重増加に気をつけなければなりません。

Commented by maribabalondon at 2018-06-09 19:09
marrone-marrone さま

避妊手術で、尿もっれこに・・・あるかもしれませんが
マロンなんともなくて良かったですね。

我が家の庭は、シダがどんどん増えていく庭なので、
ほんとうに小さなシダが出始めたら、すぐ摘まないとだめなんです。 なにしろワイルドなのでコントロールが大変です。
ピンクの花のいちご、愛らしいでしょ。
どんどん大きくなっていきます。
Commented by maribabalondon at 2018-06-09 19:15
fran9923さま

のんきに寝ているこの姿、そして今私の足元で寝ている
姿・・・ほんと、よくここまで生きてくれたと思います。
残りの年月を楽しく生きて欲しいです。

クレマチス、嬉しい~。
Commented by maribabalondon at 2018-06-09 20:44
おちゃさま

茶々の介氏は、おとうさんと、おかあさんに愛され
ほんとうにがんばりましたよね。

これから後、何年かわかりませんが、それまで
共にがんばります。
Commented by maribabalondon at 2018-06-09 20:54
echalotellesさま

ありがとう、ございます。

この周辺、西スコットランドでは、このように
庭に小川が流れている家は多いのです。
スコットランドではバーンと呼ばれています。

最後までピップを大事にしたいと思います。
Commented by maribabalondon at 2018-06-09 21:01
yoshi さま

マルコもしてきたのですね。
去勢手術をしなければ、どんどん増え最後はシェルターで
可愛そうな終期を向かえる犬、猫が多くなります。
フランスでは、どのように対処しているのでしょうね。


Commented by echalotelles at 2018-06-09 22:23
雄犬や雄猫のことはよく知らないのですが、雌犬、雌猫の避妊手術は一般的ですよ。カシューもしているし、友人の猫たちもしています。お知らせまで。
Commented by maribabalondon at 2018-06-10 00:09
echalotelles さま

やはりそうですか。人間と違い、5~6匹一回の出産で
生まれるわけですから、避妊しないといけませんよね。

雄猫はわかりませんが、雄犬は睾丸を取らないと、
癌になりやすいと聞いていたので、獣医に相談したのですが
反対されました。なので、ほら、やっぱりと思いました。

Commented by karibu-chai at 2018-06-11 09:05
ピップちゃんが16歳のお誕生日を迎えられたのですね。
おめでとう!ピップちゃん~♪ 
過去記事も拝見して…
真理子さんが、ピップちゃんの具合が悪くて、
ロンドンから車を飛ばしてスコットランドに頻繁に
お仕事あっても帰られていましたね…
未だお若かったとはいえ、それは大変だったと思います。

でも大事な家族の一員ですもの…我が子のように思いますよね。

幾多の危機を乗り越えたピップちゃんは、本当に生命力が強いですね。
真理子さんご夫妻の愛情も勿論ですが…

我が家の12歳で亡くなったアンナも不妊手術をしなくて?、
乳がんになったのはそれが原因かわかりませんが…
でも2回乳がんの手術をしましたが…2回目の予後が悪く
最後は酸素ボンベのお世話にもなりましたが、亡くなりました。
でも…大きな病気の手術はしない方がいいというのが、
今の私の気持ちです。夫も同じです。
よくなると信じてしますが、でも…自然がいいと思います。
精神的にも手術はワンちゃん自身、相当のストレスになり
可哀そう・・それだけで寿命が短くなると思います。
あくまでも私の意見ですが…ピップちゃんにとって
真理子さんご夫妻の愛情が一番の薬だと思っています。

立派なクレマチスですね~びっくり!!
苺の成長も楽しみ!
ガーデニングも疲れないように、楽しみながら
なさってくださいね。




Commented by aomeumi at 2018-06-11 15:00
青目
コメント2度も入れたのに入らない・・・よくありますね。
言いたかったことは・・・水辺のピップは、なんだか仙人の風貌ですね。(入りますように)
Commented by nono_ra at 2018-06-11 22:24
ピップちゃんの安心しきった顔。
16歳になってもまだ子どものよう
こんな穏やかな日々をできるだけ長く続けてほしいですね。
Commented by kitaoni at 2018-06-12 07:21
ピップちゃん! 16歳の誕生日おめでとうございます。 安心しきった寝姿が可愛らしいですね〜
小川の水を飲めるなんて幸せなピップ!
御自分の庭に小川が流れているなんて羨ましいです。クレソンを育てる事が出来ますね〜
Commented by maribabalondon at 2018-06-13 06:40
カリブチャイさま

アンナちゃん、乳癌の手術を2回も・・・・
やはり、年老いてからの手術は命取りになりかねませんね。

ピップ食い意地が張っていますよ。何かちょうだい
とおねだりを始終しています。
あと何年生きてくれるのか・・・

Commented by maribabalondon at 2018-06-13 06:44
青目さま

仙人の風貌ですか、そう言われてみれば・・・

コメントが時々入らないことがありますよね。
それから、禁止用語が入っているので、文章を変えて
くださいというのも時々でますね。

Commented by maribabalondon at 2018-06-13 06:47
nono_ra さま

ペットがどんなに老いてきても、子供のように
可愛い、これは不思議なことです。
歩くのは遅くなりましたが、歩けることに
感謝しています。(私も・・・)
Commented by maribabalondon at 2018-06-13 06:54
Kitaoniさま

清い水 = クレソン
なるほど。 やはりKitaoniさんですね。


Commented at 2018-06-13 18:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-06-13 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
待ち合わせ >>