<< また、ピップが・・・ 夏がやってきた。 >>

今までにない夏

          何週間も晴天が続いています。
          こんな夏は初めて。

          夫は、この時とばかり、晴天でなくてはできないことをやっています。
          
          いつも湿っている庭も、さすがにカラカラです。
          昨日はホースを長くして、庭の端から端に水をまきました。

          数年前に、小さな池を造ったのですが、小さすぎたのでしょう、
          雨の日には水が溢れて、池の周辺は水浸しになります。

          これではだめだと、夫が池の底に張った、池用の黒いライニングに
          穴を開けました。

          冬場は良かったのですが、春先はおたまじゃくしが、池に沢山生まれるので、
          好天続きの時は、低くなった水位を足さないとなりません。


          2週間ほど前から、おたまじゃくしに手足が生え、蛙の姿になって
          きました。


          写真には3匹写っています。
          一匹は右端上。 あとの2匹は、岩の下にいます。

          まだまだ、よちよち歩き。

f0179059_05230498.jpg
            毎日水を足してあげる時に、池の中を観察します。


            ところが! よーく見ていたら、小さなカブトムシが、池の中に
            いて、蛙になりかけている子たちを、つついて、食べているでは
            ないですか!

            コラ!! と言っても聞こえるはずはないけど、小枝で追っ払った
            のですが、無駄でした。隠れてはまた出てきます。

           このカブトムシは、Diving Beetleと呼ばれているそうです。
                    


            一匹、カエルの赤ちゃんが、庭を歩いているのを見ました。
            
            今朝、池の中を見たら、もう一匹もいませんでした。

            おたまじゃくしから蛙になる数は、ほんの少しだそうです。
            
            
            蛙は害虫を食べてくれるので、貴重です。
            
            
    
            ツバメが電話線に止まり、かなり長い時間毛繕い
            をしていました。

f0179059_05223392.jpg
                フォックスグローブ(ジキタリス)の白もいい。

                内側に斑点が少しピンクがかっています。 


f0179059_06091405.jpg
            キツネのグローブ、なるほどの形です。

f0179059_06121305.jpg

              ピンクの花のイチゴ。花が散り、もういくつか
              イチゴができています。
              鉢の内側に入ってしまうイチゴ、小石を入れて、イチゴ
              を持ち上げています。
              
               


f0179059_06135336.jpg


            グリーンの実がいっぱいです。もうすぐ赤いイチゴに。

            小粒ですが、とても甘かったです。




f0179059_06143002.jpg


               昨年、「お、安い!」と衝動買いをしてしまった
               百合の花。


               未だにポットに・・・どこに植えよう・・・ 

f0179059_06351248.jpg




f0179059_06214126.jpg


               慣れない、真夏の天候に戸惑っています。



f0179059_08523289.jpg


         ____________________________           


                




[PR]
by maribabalondon | 2018-07-05 06:32 | スコットランド | Comments(18)
Commented by fran9923 at 2018-07-05 09:56
カブトムシとカエル。
すごい命の戦いなのですね。
こちらに来ると鳥たちの様子や昆虫、カエルの生態などが普通に生活の中にあって本当に面白いですね。時には残酷な場面もあるのでしょうけどそれが自然の本来の姿なのでしょうから、人間にはどうすることもできませんね。
東京も暑い暑い毎日です。
お体に気をつけて、乗り切りましょう。
Commented by kitaoni at 2018-07-05 14:34
カブトムシがオタマジャクシを食べるのですか⁈
はじめて知りました。驚きです。
イチゴが可愛らしいですね。 庭仕事をしていると1日の終わり 夕景の美しさが心に沁みます
Commented by karibu-chai at 2018-07-05 15:04
(籠に入って売られているのは見たことがありますが……)
野性のカブトムシなど、最近は見ることはありませんが、
カエルを食べるとは知りませんでした!
自然界は厳しいですね。

そちらも一気に夏が来て庭の植物たちもそれぞれに成長して、
色とりどりの花ばな…美しいでしょうね!
小さな苺も可愛いこと!

東京も6月中に梅雨明けし、今日は連続30℃越えの
真夏日が途切れましたが、蒸し暑くて…
台風も来ていて~その影響で大分被害が出ているようです。

雨が降らないと困りますが…多すぎても浸水や土砂崩れなど・・
スコットランドもそのような被害がありましたっけ!?
自然災害は怖いですね。

Commented by yoshi at 2018-07-05 18:13 x
日本の天気は一体どうなってしまったのか、
真夏日から一転大雨が続いて被害が出ています。
スコットランドも一体どうしたことでしょう、
観光客も地元の人も戸惑いますね。
Commented by echalotelles at 2018-07-05 19:08
ずーっと雨だったのが、今度は晴れ続きになってしまったのですね。
晴れてるのは嬉しいけれど、例年と違うと戸惑いますね。
そちらにはカブトムシがいるのですね。
こちらには、蛙はたくさんいるけれど、カブトムシは見たことがありません。クワガタは一度、出会ったことがあります。
ジギタリスがとてもきれいですね♪
Commented by おちゃ at 2018-07-05 20:45 x
カエルの世界も大変だ。カエルだっていろんな昆虫を食べる。そのカエルを食べる昆虫もいる。人間は何でも食べる。信州だと蜂の子やイナゴを食べる。南欧だとカエルも食べる。日本だってカエルを食べる人は昔は多かった。なんて収拾が付かなくなりました。大変なことがスコットランドのお庭で繰り広げられてるのですね。カエルさんにもカブトムシさんにも頑張ってもらいたいです。
Commented by maribabalondon at 2018-07-05 23:03
フランさま

そうなんですよね。自然界のことは人間にはどうにも出来ないのですが、来年はなんとか対策を考えてみようかと思います。
庭をよーく観察すると、面白いことが発見できそうです。

Commented by maribabalondon at 2018-07-06 01:13
Kitaoniさま

Beetle は日本語訳ではカブトムシですので、そのまま書きましたが、主人に聞いたら、水に飛び込むダイビングビートルだそうです。 

イチゴ、摘んで食べました。甘かったです。
沢山できそうで嬉しいです。
昨年のは、粒が小さいのですが、どうしてでしょう?
Commented by maribabalondon at 2018-07-06 01:23
karibu-chai

日本は大雨で大変らしいですね。
こちらは、毎日晴天で、雨の確立0パーセントです。
被害は荒野の火事です。こちらの荒野はピート(泥炭)が土の下にあり、それが燃えて消火が手間取っています。
でも台風や地震がないので助かります。

Commented by maribabalondon at 2018-07-06 01:27
Yoshiさま

日本は大雨、こちらは、めったにない晴天続き。
ほんとうに戸惑っています。

日本で美味しいものを沢山食べてきてください。
Commented by maribabalondon at 2018-07-06 01:33
echalotelles さま
主人が一緒に池を見ていて、Beetleだというので
直訳で、カブトムシと書きましたが、また聞いてみると
ダイビングビートルだということです。
食べられないように、来年は対策を考えます。
Commented by maribabalondon at 2018-07-06 01:36
おちゃさま

はは、そうですよね。
考えてみれば、なんでも食べる人間が一番危険な動物
かもしれませんね。
Commented by aomeumi at 2018-07-06 13:09
青目
こちらは、梅雨明けの途端、大雨・・・どうなっているのか ? 世界的に異常気象・・・なんだかいやな感じです。
池にカエル・・・長閑に見えても、自然界は恐ろしいものですね。うちにも大きなガマガエルが来ていましたが、いつの間にか姿が消えました。
ジキタリス大好きなんです。お庭にアクセントがつきますね。これもすっかり姿を消しましたが・・・。春を楽しんでくださいませ。東京は猛暑でした。
Commented by marrone-marrone at 2018-07-06 14:04
羨ましいお天気ですね!

こちらは雨ばかり。
しかも恐ろしく降る雨です。
これは異常です。

オタマジャクシ、子供の時以来ですよ!
見たい、見たい!
カブトムシの餌になるなんて知りませんでした。

爽やかな夏の風が吹いていそうなそちらに、
「どこでもドアー」をポケットから出して行きたいな!
Commented by maribabalondon at 2018-07-06 18:08
青目さま

池の中をじっと観察するまでは、長閑だなと思っていたのですが、自然界は厳しいものですね。

梅雨明けのとたんに大雨。こちらは全く雨が降らず・・・
どうしてしまったのでしょう。
今はこの晴天を楽しむことにします。
Commented by maribabalondon at 2018-07-06 18:16
marrone-marrone

大雨で心配していました。よかったー。

おたまじゃくし、来年はもっと沢山カエルになって欲しいです。ビートルズと主人が言うので、カブトムシを書きましたが、ダイビング ビートルズという種類らしいです。
Commented by o-hikidashi at 2018-07-10 09:12
快晴ならば世界でも素晴らしいところ、とスコットランドのことを何かの本で紹介されていました。
快晴で素晴らしい日々ですネ。

偶然結婚式から出てきた一族を見かけました。
キルト姿、男らしくて格好いいですね。
今回の旅で歴史もちょっと再勉強?したりでキルトの素晴らしさを知りました。
土産物屋さんのような所をさらっと見ただけでキルト関連の施設に寄れなかったのがザンネン。
ご主人がスコットランドを愛されるのも納得の良き旅でした。

Commented by maribabalondon at 2018-07-10 19:16
o-hikidashi さま

きっと私などよりも、スコットランドに詳しくなったのでは
と思います。
主人はスコットランドの血筋ですが、イギリス生まれのイギリス育ちです。子供の頃から、毎夏スコットランドの祖父母のところに行っていましたので、それできっと好きなのだと
思います。
結婚式の記事もいくつか前にありますので、ご覧ください。
キルトの正装の人がたくさんいます。

うららさん、とても楽しく、旅をしまたね。
とても嬉しいです。
<< また、ピップが・・・ 夏がやってきた。 >>