<< TV番組  Dynasties... 来客 短かった2日間 >>

がっかり・・・

             
              表通りに面した、我が家の庭に、大きな杉の木が
              あります。


f0179059_04083148.jpg
              嵐になると、よく停電になり、その度に電力会社の
              人が来るのですが、この杉の枝を切っていきます。

              電線に枝が触れるので、それが停電の原因になると言います。

              いつか、杉の木の片側の枝を全て切ると、言うのです。

              えー、そんな・・・停電防止のための、その回答を聞いて、 
              がっかり・・・

              いつも、しっかりと見たことのない、この杉の木、
              なかなか立派なのです。

f0179059_04090111.jpg
            

               ふと、足元を見ると・・・
              「あらっ、ピップがこんなところに、〇〇〇をしている。」

               あちこちに・・・よーく見ると、ピップのではなく、
               この杉の木から落ちたものでした。

               こんな形のものもあるのですね。
          
               もしかして、乾燥させれば、開いて違った形に
               なるのでは・・・ 
           
f0179059_04092590.jpg
               乾燥させましたが、一向に大きな変化はなし。
               ほんの少し開いたかな・・・がっかり。

f0179059_04110296.jpg
               
             もうひとつ、がっかりしたことがあります。


             TVを見るとき、椅子代わりにこれを買いました。

             簡単に持ち運びができ、他の部屋に移動させることができる。

             ピップの毛が着きにくい素材は・・・・とこれを選び
             ました。

             わー、楽チンそう。 

 
f0179059_04065768.jpg

          
              ところが・・・座面がどんどん低くなって
              きて、立ち上がるのが大変なのです。

              年だから? 
              けっきょく前かがみになり、両手を床について、
              はいはいするように、立ち上がらなくては、
              なりません。
             
              部屋にも似合わず・・・ がっかり・・・

              結局、ピップのクッションに。
              頻繁に利用しています。

f0179059_04073656.jpg
          
               でも、美しいダイナミックな、虹を見ることが
               できました。


              
f0179059_04095222.jpg
              

f0179059_04102065.jpg
        

              

by maribabalondon | 2018-11-22 05:27 | 未分類 | Comments(14)
Commented by marrone-marrone at 2018-11-22 08:40
片側の枝を落とされた杉の木を想像して腹立たしくなって。。。

あら、こんなところにピップの○○〇?・
ま、犬だからよくあること。
でも、!持って帰ったの~??と仰天したら違っていてホッとしました!
椅子、
これは良くある残念なパターンですね。
悔しいわ!
でも、ピップにぴったり!毛が付かないし。
ちょっと重そう、大丈夫ですか?
Commented by fran9923 at 2018-11-22 09:05
あら!
ヒマラヤ杉。伐採されるのですか?残念ですね。
この実は雄花ですよ。多分。雌花が咲いたら(確か雌雄同木だったと思う)受粉してボックリができ、それがシダーローズになるはずです。
まだ若い木のようなので、ボックリはないかもです。
前の記事。素晴らしい景色で息を飲みました。
本当に

あの端っこの家を見てみたいですね〜。なんだか物語のよう!
義妹さんたちと楽しい日が過ごせて良かったです。
Commented by maribabalondon at 2018-11-22 09:53
marrone-marrone さま

あれはピップの〇〇〇ではありませんでした。
杉から落ちたものです。

大分前に大きな枝が、庭に落ちていたことがあります。
今から思えば、切られたのですね。

いやー、このビーンクッションは、楽チンだと思ってい
ました。
がっくりです。
Commented by maribabalondon at 2018-11-22 10:02
fran9923さま
やっぱり、ヒマラヤ杉でしたか。インターネットで見て
似ていると思ったのですが、この細長いものを見て
なんだ、違うじゃないと思ったのです。
いつかは、シダローズが咲く?かもしれないのですね、
雄雌が同じ木にとは。フランさんよくご存知ですね。
気長に待っています。
我が庭でいつかシダローズが手に入るなんて素晴らしい
ですね!
Commented at 2018-11-22 21:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by echalotelles at 2018-11-22 21:55
こちらの公園のヒマラヤスギの周りにも、秋の中頃から終わりにかけてこの雄花がたくさん落ちるので、かっちゃんと散歩中「ウインナーがいっぱい落ちてるね~」と冗談を言いながら楽しく歩きます。笑
早く雌花も付くようになるといいですね。
このクッション型のようない椅子、日本でも少し前に流行っていたようですね。
友人が買っていました。
ピップにとっては、気持ちのいいクッションが増えてよかったですね♪
Commented by aomeumi2 at 2018-11-23 09:18
青目
残念ですねぇ・・・いい姿なのに。なにか、工夫が出来ないものでしょうか ? 広いところなのですから。
こういうものが消えると風景がかなり変わってしまいます。
この夏、家の前のヒマラヤ杉が、切られました。しかも、勝手に・・・うちのものではないにしろ、ひどいと思いました。
風景ががらりと変わったのです。しかも、中途半端に切りましたから、短い電柱のように残っています。
台風のときに、お隣に強い風が当たるようになったそうです。
お客様を見送るピップ紳士・・・犬の後ろ姿に弱いです。
Commented by maribabalondon at 2018-11-23 21:42
鍵コメさま

そちらに参ります。
Commented by maribabalondon at 2018-11-23 21:47
echalotelles さま
なるほどね。〇〇〇ではなく、ウインナーが沢山。
雄と雌が同じ木にというのは知りませんでした。

憧れのシダローズ、枝を伐採されては、チャンスも少なくなってしまいますね。いやだな。
Commented by maribabalondon at 2018-11-23 21:55
aomeumi2 さま

木を伐採する・・・皆色々な事情でそうするのでしょうが、
よほどでないと、やはり伐採すべきではないですね。
片側の枝だけすっかり無くなる・・・いやだな・・・・

私も犬の後ろ姿大好きです。
ピップ来客が帰ってしまうと、いつもそうです。それも
けっこう長い時間座って眺めています。
Commented by karibu-chai at 2018-11-23 23:26
大きな杉の木ですね…
停電は困りますが、木には責任がないのですから
片側だけでなく、全体に格好よく剪定してくれれば
いいと思うのですが…面倒なのかしら?

ピップの○○○…?見慣れないので一瞬(;´Д`)!!
でもよく見ると見かけることあります…

いいと思って買ったけど…案外NG…よくありますね。

☟ピップちゃんのお客様を見送る後ろ姿…
後ろ姿が気持ちをよく表していますね。
こんなしぐさが、ピップちゃんの愛おしいところ!
Commented by maribabalondon at 2018-11-24 10:19
karibu-chai さま

木を切る人は庭師ではありません。
電力会社と契約している、山の木を伐採する人達だと
思います。
嵐で停電になれば、切るしかないのでしょうね。

ピップ、凄く食いしん坊の大食犬になってしまいました。
私が甘やかしたのがいけなかった・・・いつまでも
おねだりします。さっき諦めてベットに行きました。
やっと・・・

Commented at 2018-11-24 10:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-11-25 12:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< TV番組  Dynasties... 来客 短かった2日間 >>