<< 美味しかった朝食  自家栽培の... 優しかった義母の思い出 >>

イングランドへ  中間地点 立ち寄るところはいつも此処

            2週間前、義両親に会いに行くために、イングランドまで
            長距離ドライブをしました。
            義母の死目には会えなかったけど、あの時、会いに行き、
            本当に良かったと思います。

            イングランドの義両親のところへは、家から約8時間ほど
            かかります。
            ピップが健在のうちは、飛行機にのるわけにはいきません。
            
            イングランドの友人Janのところへは、約4時間、まさに
            好都合の中間地点なのです。 
            
f0179059_08485457.jpg
               風力発電のWind turbineが見えます。
                
f0179059_08473309.jpg
              こちらでは、あちこで見かけますが、
              日本はどうでしょうか。
            

f0179059_08470700.jpg

f0179059_08482039.jpg
               そしてJenの家に夕刻到着。

               夕食の支度をしている最中でした。
                 
               テーブルの真ん中に耐熱の板を置いて
               熱々のご馳走を並べてくれました。

               野菜、揚げたてのポテト、牛肉のステーキパイ、
               カリフラワーチーズ。
f0179059_09050750.jpg

                 到着したときは、このポテトを切って、
                 揚げているところでした。

                 中は柔らかく、外はカリカリ。
                 これが、凄く美味しかった。                   

f0179059_09053728.jpg

                デザートにパナコッタを作ってくれました。
                そこに添えてある、赤い実は、
                庭で採ってきた、グァバの実です。

                美味しかった~。

                Jenがこのグァバの出ている本を見せて
                くれましたので、そのことはまた改めて、
                お話しいたします。
                
f0179059_09065093.jpg

               トロットは大分落ち着いてきました。

               以前は、あまりにも活発過ぎて、ピップは
               「もう帰りたいよー」とドアの前に立ち、
               ドアをひっかいたものです。

               トロットの隠れ家は、ソファーの上のクッションの後ろ
               ソファーに後ろなどです。小さいので、完全に隠れて
               しまい、居場所が分かりません。

               トロットは自分のクッションはほとんど使いません。
               なので、ピップが座っていました。


f0179059_09071463.jpg


              ちょっと小さいけど、落ち着くようです。


f0179059_09074625.jpg
              じゃあ、今晩はベットとして借りようね。

              お休み。

            
     
by maribabalondon | 2018-12-02 09:49 | England | Comments(12)
Commented by o-hikidashi at 2018-12-02 13:18
お義母さまのご冥福をお祈りいたします。
お義父さまや周りの皆さまに愛され温かく見守られ良き最後を迎われましたね。
8時間の道のりは大変でしょうが最後に会うことも叶い・・・お義母さまの言葉にも感動しました。

スコットランドで似た山道を運転していたとき前進できず何度も停まり渋滞気味。
交通整理の方もいて一帯どうしたんだろうと焦っていたら、二台のトレーラーが長いものを積んでカーブを曲がるのを待っているみたい?
それがこのプロペラを積んでいたと後で気がつき車中で感心しきりでしたー。
Commented by echalotelles at 2018-12-02 22:32
ピップ!!かわいい~(*‘∀‘)
この夜はこのクッションの上でよく眠れたかな。
ソファーの肘掛に乘ってるトロットもかわいいな。
長距離ドライブの中間点で、仲良しのJanとトロットに会えるのは嬉しいですね。
温かくておいしい食事と素敵なデザート、旅の疲れも癒されますね。
「ピップ、こっちは雨ばかりでちっとも楽しくないよ~
冬眠したくなっちゃう毎日です。」byカシューU^I^U*
Commented by maribabalondon at 2018-12-03 09:27
o-hikidashi さま

義母は苦しむことなく、静かに息を引き取ったと聞き
安心しました。

プロペラを運ぶ作業など、見ることはめったにない
です。ラッキーだったかもしれません。
近くで見たら、さぞ大きいでしょうね。
Commented by maribabalondon at 2018-12-03 09:31
echalotelles さま
そちらも雨続きなのですね。

中間地点なので、本当に助かります。
それにいつも美味しいものを用意してくれます。

ピップもトロットだから安心しています。
またご飯の交換もしていますよ。
Commented by fran9923 at 2018-12-03 10:42
仲良しのお友達がちょうどいい中間地点にいらして本当に助かりますね。
ワンちゃんを飼っている人のお宅ですから気持ちもわかってピップのためにも安心ですね。
トロットもピップも可愛いこと!
長いドライブは本当に疲れます。こんな美味しいお夕食まで準備してくださって、ありがたいことですね。
Commented by maribabalondon at 2018-12-04 00:42
fran9923 さま

Jenのところは、気兼ねすることなく、泊れます。
有り難いです。Jenのお料理あh、イングランドを
代表するものが多いです。それがまた美味しいのです。
犬大好きなので、助かります。
Commented by karibu-chai at 2018-12-04 13:56
素敵なご友人ですね。
中間地点で美味しいお食事と宿泊とを提供してくださって、
ありがたいですね…でもJanさんとワンちゃんも
真理子さん宅に、泊まられたこともありますね…

今回はピップちゃんもベッドを借りたのですね…
よかった・よかった~

風力発電のタービンは、日本でも地方に行くと
見られますが、、、今夏8月の強風台風で、淡路町だったかしら??
タービンが強風のため根元から倒れて…ニュースになりました。
ヨーロッパよりかは日本は少ないかもしれませんが…
あるのですが…アンナ大きな物、倒れたら怖いですね。

Commented by maribabalondon at 2018-12-05 07:50
タービンが根元から折れるなんて、それも恐いですが、原発よりもずっと安全です。自然災害の多い日本ですから、
タービン設置も大変ですね。

Jenのところは、気兼ねなく泊れます。
ピップも同様です。
有り難いです。
Commented by aomeumi2 at 2018-12-05 13:43
青目
ふふ・・・紳士ピップの困惑顔、年をとるとうるさいのが苦手になりますね。うちのウォータードッグも小さい時は、大人の犬に迷惑がられていました(しつこい)。
気兼ねなく訪ねていける友人というのは、ありがたいものですね。日本は、とにかく家が狭いです。よほどでないとゲストルームの余裕がありません。泊める方も、泊まる方も、気兼ねです。
日本は、また、新しい原発を作るそうですよ。ちょっと神経を疑います。国会は、その隣に作ればいいのだわ。もちろん、住まいもそこに・・・です。
Commented by maribabalondon at 2018-12-05 19:37
aomeumi2さま

トロットはかなり落ち着きました。
ピップも気がねなく、ベットを借りています。

原発、自然災害の多い、日本でまた設置する。
どうなっていくのでしょう。信じられません。
それを決定した、政界の人達の家をその周辺に
建てたいです。

Commented by おちゃ at 2018-12-08 18:55 x
風力発電は日本でも田舎の海辺に行くとあります。
イギリスよりも日照が良いので、太陽光発電の方が
より一般的ですけど。

ピップ、無事過ごしているんですね。
楽しく一緒に暮らしてくださいね。私もドガティ君と
男二人の夜です(妻は実家におでかけ)
Commented by maribabalondon at 2018-12-09 10:34
ドガティー君と仲良くやっていますか?

こちらも田舎に行くとあります。
自然破壊をして、スコットランドにゴルフ場を作ったトランプが、海の中に設置した風力発電を見て、ゴルフ場からの美形を損ねるので、取り外してくれ、と言ったそうです。

<< 美味しかった朝食  自家栽培の... 優しかった義母の思い出 >>