<   2018年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

不要アクセサリーの活用法 

                 

                  屋根裏から、不用品と思われるものを、ひっぱり
                  出してきて、大分捨てたのですが、
                  どうしましょう・・・かなり、散らかってしまい
                  ました。

                  アクセサリーも出てきました。

                  使うであろう物は、別にしてありますが、
                  それも、あと数年したら、似合わなくなるでしょう。

                  友人や義母からもらい受けたもの等・・・
                  全く使っていないものばかり。恐らく、これからも
                  使うことはないでしょう。


f0179059_04253227.jpg
                   
                  処分方法・・・チャリーティーショップに寄付する。

                         売る・・・面倒だからしないと思う。 
                         好みだという人にあげる。
                        (ちょっとあまりいないと思う)


                  ロンドンに来たばかりの頃、買った大好きな
                  ブローチがでてきた。

                  頻繁につけていたけれど、ライフスタイルも
                  変わり、すっかい忘れていたのでした。



f0179059_04403487.jpg

                  でも、これは今でも大好きで、処分する気には
                  なれません。

                  そこで、インテリアに活用することにしました。
         
                  チャリティーショップでただも同然な値段で買った、
                  タイかしら?アジアンテーストの額縁。

                  黒い布、アジアンテーストの布などをひっぱり出し
                  てきて・・・

                  どこにしまい込んだのか、アイロンが見あたら
                  ない・・・ 

                  まあ、いいか。


                  これなら、我が家には合うと思う。
                  シワが目立つ・・・
                  アイロンをしなかったことを後悔。

f0179059_04302912.jpg

                  忙しいときに限って、なんでこんなことをしたくなる
                  のかしら・・・


                  
f0179059_04290495.jpg



f0179059_04284042.jpg
                           






              






by maribabalondon | 2018-12-29 05:02 | 色々 | Comments(8)

今年のクリスマス


                 今年のクリスマスは、特になにもせず
                 過ごしました。

                 いつものローストチキンで済ませませ、
                 あとはTVを観る・・・・

                 お天気はあまりよくないのですが、湖には雲がかかり、
                 とてもきれいです。


f0179059_06130919.jpg



f0179059_06123946.jpg

                  蜘蛛の巣にも霜が降りていて、なんとも美しい。

                  ピップはのんびりと、クッションに座っています。

                  毎朝のゼイゼイと咳き込み、それが心配ですが・・・
                  凄い食欲です。
                  

                  何か白熊さんのような顔です。


f0179059_06110268.jpg

f0179059_06112863.jpg

                   
                   一昨日は、私の大好きな、ご近所のちびちゃん姉妹
                   がお母さんとやってきました。


                   「Maiko、はい、これ。」

                    クリスマスカードです。


f0179059_06152284.jpg

                    日本語でメリークリスマスを調べたのでしょう。

                    嬉しいですね~。



f0179059_06154680.jpg


                     そして、バスケットに入った、クリスマスの
                     お花も。
                     
                     


                     今日クリスマスは、珍しく恒例のクイーンの
                     スピーチを聞きました。



f0179059_06161649.jpg



                      そして、その後、昨年も観た、ジャングルブック
                      をピップと一緒に観ました。

                      クッションに座り、じっと観ています。


f0179059_06164100.jpg
                        あっ、やっぱり。
                        興奮して立ち上がり、画面の前に行き
                        ました。


f0179059_06170536.jpg
                         なんて美しい湖でしょう。


f0179059_06120450.jpg
                        
                        穏やかなクリマスを過ごしました。
                        


                 


                 
                 

by maribabalondon | 2018-12-26 07:32 | スコットランド | Comments(17)

 大きな松ぼっくり、みーつけた。



スコットランドに戻る前に、
上の義妹の家のそばにある、ガーデンアンティークショップを
柵越に覗いてみました。



f0179059_01164606.jpg



                  
 どう見ても、スコットランドの田舎の庭には
          合いそうもない、物ばかり・・・


f0179059_01162321.jpg

                     以前よりも広くなり、ギャラリーや
                      コーヒーショップもあります。                          


f0179059_01172497.jpg

                 ここはケイトさんの実家の隣町。
                 きっとこのような物を買う人たちが、
                 多く住んでいるのでしょう。
                           

f0179059_01160485.jpg

                   スコットランドへの帰りは、やはりジェンの
                   ところに。

                   トロットの大好きな隠れ家です。

                   ソファーのクッションに隠れ、
                   よく、このように寝ています。
                             


f0179059_23111227.jpg

                    気持ち良さそう。


f0179059_23105592.jpg
                     


                 そういえば、義両親の家のそばを散歩して
                 見つけたのですが、

                 こんな、大きな松ぼっくり! 私は初めてみました。

                 拾って、上着のポケットに入れて持ち帰り、
                 ポケットから出すと、虫が数匹出てきました。
                 隠れ家になっていたようです。


                 通常良く見る松ぼっくりより遥かに大きい。

f0179059_23121437.jpg


                 この大きさです。
                          
                 約、13cm。


f0179059_23143417.jpg


                      拾ったときに、柵越に上を見上げたのですが、
                      薄暗くてよく見えませんでした。


                      いったい、なんという種類の杉なのでしょう。


                     echalotlles さん、フランさん、教えてください。

                   ___________________


                       



by maribabalondon | 2018-12-23 07:58 | 庭 植物  | Comments(10)

葬儀

                   義母の葬儀が済み、戻ってまいりました。

                   火葬だったのですが、私はてっきり、棺の中の
                   義母を見ることがきるのだとばかり思っていました。
                   ここには、家族のみが出席し、牧師さんの話を
                   聞きました。
  
                   その後、村の教会に行きました。
                   親戚、友人など大勢来ていました。


f0179059_23102567.jpg
           この写真は、第2次世界大戦が終わり、
         義母は看護婦になり、オーストリアへ。
       そこで医者の義父に出逢いました。

                   

        この写真のパンフレットが配られ、
          開くと賛美歌の歌詞が載っていました。

       親戚のピアニストの男性の演奏で、
           皆で合唱しました。

           そして、夫、義妹達、姪、甥達のスピーチ、
             
            これがとても、暖かで素晴らしく好評でした。

                  その後

                 場所を変えて、

             軽食を準備してある場所に
                   皆で移動しました。

               日本の葬儀は、どのように行うのかを、数人の人達に
                     聞かれました。
                イギリスにはない習慣、「送り人」の説明もしました。


                  街はクリスマスムードでいっぱいでした。


f0179059_23113974.jpg

               ピップは・・・家にひとりで残るのは、とても嫌がる
           ので、車の中で待っていてもらいました。

                車に行くと、ぐっすり寝ていてました。

              良かった。


家に戻り、ほっとしているピップです。



f0179059_23163127.jpg


あと、何年、長旅に対応できるでしょうか・・・




文字配列がうまくできません。
見づらくてすみません。






by maribabalondon | 2018-12-18 00:50 | England | Comments(10)

Pipのストレス

                

             義母に会いに行った際、実家からそう遠くない、
          上の義妹の家に泊ることになりました。

          我が家と違い、いつ行っても、部屋がきちんと
          片付いています。
          そして、素晴らしいアンティークの家具や、小物なども
          あちこちに見られます。
           
          ピップは初めて、ここに泊ります。
          Jenの家や実家に泊る際は、我々と同じ部屋で寝ていま
          す。
          
          私たちは、3階の部屋に寝ることなりました。        

          きちんとしているだけあり、犬はいっさい上階に上がる
          ことは禁止されています。
          
          娘のルーシーの犬もここにいるのですが、ボーイフレン
          ドの家に泊ることが多く、到着した日はいませんでした。
       
           
          「ピップは、ユーティリティルームで寝てね。」
           洗濯機などが置いてある、部屋ですが、我が家とは違
           い広くて、とてもきれいなのですが・・・
           ひんやりと、寒い~

           寒さに弱いピップ、 車の中に寝かせようかしら・・・

           主人が、話したのか、キッチンで寝てもよいということ
           になりました。
                 
           オーブンの前だから、暖かい。
           良かった~。
          
           
f0179059_01143895.jpg
 
             我々の泊る部屋はきれいに
             ベットメーキングされていました。

             翌朝、心配で、キッチンに下りていくと・・・         
    
        
f0179059_01145771.jpg
               娘のルーシーがモップでお掃除している
               ところでした。
               ピップは、あちこちにマーキングしていた                       
               のです。
               
               もう一泊しなければならず、マーキング
               を少しでも減らすため、長時間の散歩にで
               ました。
        
                  
          
f0179059_01154639.jpg



          ところが、この日はルーシーの犬が
          戻ってきました。


           雌のとても小さなジャックラッセルで
           仔犬だった頃は、ピップが追いかけま
            わし、遊んだこともあるのですが・・・

             ピップを見るなり、「うー、うー」と威嚇
           するのです。

            キッチンでとなり同士で寝る。
              心配、いやだな・・・

         翌朝・・・
           キッチンのドアの前で、吠え続けて
             いました。

          ピップがまたあちこちに、大量の
           マーキングを、いや、マーキングと
            いうよりは、おしっこ。


            いつも、我が家で自由に行動している
            からだと思いますが、凄いストレス
             だったようです。

               ケンネルに預けた時代もあったのですが、
               なぜか、あるときから、猛烈にいやがり、
              それ以来ケンネルには、預けるのを
              止めました。
          
               しつけがなっていないと、思われても仕方
              ありません。

                  ピップは16歳半の老犬です。
                  ピップの生きている間は、2度とこのような
                    思いはさせたくないと思いました。


               数日後には義母の葬儀に出かけますが、
              今度は実家に泊ります。
              ピップが来るのを楽しみにしている、
              義父が待ってます。

◆ ◆ ◆

文字の配列まで、スムーズに出来なくなりました。

なにがいけないのでしょう?




by maribabalondon | 2018-12-11 20:41 | 犬/その他の動物 | Comments(14)

美味しかった朝食  自家栽培のベリー類

だいぶ経ってしまいましたが・・・
            Jenの家で朝食を食べ、それから義両親に会いに行きました。


     このパン、美味しかった~。

f0179059_09513501.jpg


f0179059_09490969.jpg


                           前日に食べたグァバの実そして
                      ブルーベリー、ブラックベリー
                      全て庭から摘んできたものです。


                           そこにヨーグルトを乗せて。

f0179059_09515298.jpg

                          Jenの愛読書。
                       植物学者のJames Wong'sno本です。

                       薬を自家栽培する本も書いています。

                          

f0179059_09495884.jpg
                         Jenの栽培しているグァバの実も
                    載っていました。




f0179059_09510624.jpg
                      Jenの庭はとても小さいけど、自家栽培のもの
                         が豊富です。

                          

f0179059_09530943.jpg



f0179059_09532755.jpg

                           
                          先日から、文字が急に小さくなってしまい 
                          サイズを大きくしても、できない場合があったりと
                          読みづらいと思います。
                          私だけでしょうか?
                          皆さんは、そんなことはないですか?                  





by maribabalondon | 2018-12-09 10:24 | 庭 植物  | Comments(8)

イングランドへ  中間地点 立ち寄るところはいつも此処

            2週間前、義両親に会いに行くために、イングランドまで
            長距離ドライブをしました。
            義母の死目には会えなかったけど、あの時、会いに行き、
            本当に良かったと思います。

            イングランドの義両親のところへは、家から約8時間ほど
            かかります。
            ピップが健在のうちは、飛行機にのるわけにはいきません。
            
            イングランドの友人Janのところへは、約4時間、まさに
            好都合の中間地点なのです。 
            
f0179059_08485457.jpg
               風力発電のWind turbineが見えます。
                
f0179059_08473309.jpg
              こちらでは、あちこで見かけますが、
              日本はどうでしょうか。
            

f0179059_08470700.jpg

f0179059_08482039.jpg
               そしてJenの家に夕刻到着。

               夕食の支度をしている最中でした。
                 
               テーブルの真ん中に耐熱の板を置いて
               熱々のご馳走を並べてくれました。

               野菜、揚げたてのポテト、牛肉のステーキパイ、
               カリフラワーチーズ。
f0179059_09050750.jpg

                 到着したときは、このポテトを切って、
                 揚げているところでした。

                 中は柔らかく、外はカリカリ。
                 これが、凄く美味しかった。                   

f0179059_09053728.jpg

                デザートにパナコッタを作ってくれました。
                そこに添えてある、赤い実は、
                庭で採ってきた、グァバの実です。

                美味しかった~。

                Jenがこのグァバの出ている本を見せて
                くれましたので、そのことはまた改めて、
                お話しいたします。
                
f0179059_09065093.jpg

               トロットは大分落ち着いてきました。

               以前は、あまりにも活発過ぎて、ピップは
               「もう帰りたいよー」とドアの前に立ち、
               ドアをひっかいたものです。

               トロットの隠れ家は、ソファーの上のクッションの後ろ
               ソファーに後ろなどです。小さいので、完全に隠れて
               しまい、居場所が分かりません。

               トロットは自分のクッションはほとんど使いません。
               なので、ピップが座っていました。


f0179059_09071463.jpg


              ちょっと小さいけど、落ち着くようです。


f0179059_09074625.jpg
              じゃあ、今晩はベットとして借りようね。

              お休み。

            
     
by maribabalondon | 2018-12-02 09:49 | England | Comments(12)