心の広さに魅かれる。

ご報告です!

ブログ「いっちゃんのおいしい食卓」のいっちゃんこと、ゆかりさんのお料理の本、

「エリオットゆかりのシンプルなごちそう」

が、いよいよ2月7日に宝島社から発売です!

表紙を見ていただければ、お分かりのとおり、とても美人なんです。

私が、初めて「いっちゃんのおいしい食卓」に訪れたとき、
「この人、気さくそう。」それに載せている「お料理も気さくそう。」

試してみたら、何と簡単で、おいしいではないですか!(これなら私にもできる!)

そして、もうひとつ大きく魅かれたのが、ブログの中でも見られる、彼女の温かさ、
心の広さです。  実際お会いしてもやっぱりそうでした。

まるで、結婚式のスピーチみたになってしまったけど、、、、。

忙しい人でも、簡単にできる魅力的なレシピがいっぱいです!

2月7日の発売が待ち遠しい!
[PR]
# by maribabalondon | 2009-01-31 21:05 | 色々 | Comments(12)

自分で作れるって、ほんと、経済的。

(教室が恋しくなったので、まだ残っている日本滞在日記はまたにします。)

自分で作れるというのは、経済的である。
とくに、カーテン類や、ソファー、椅子カバー類などに関しては痛切に感じる。

最初に作ったソファーカバーが、ぼろぼろになってきた。
でも今は仕事が忙しく、私にはソファーカバーを作る時間が惜しい。

それではと、頻繁に広告で見かける、「安く」ソファーカバーを作ってくれる会社に
電話し、見積もりに来てもらった。

沢山の分厚いサンプル帳から、生地を選ぶ。

「これはいかがですか?」「あまり好きじゃないわ。」
「ではこれは?」「この素材が好きじゃないわ、、、う~ん、これ、だったらいいかな。
これで見積もってください。」

3人かけのソファーとアームチェアーが2脚。
「○○○○ポンドになります。」
「えっ!それじゃあ、ソファー買ったほうが安いじゃない。」
「この生地で作ると、そういうことになりますね。」

そうか、あの広告の生地は、いかにも合繊といった感じだったからね。

「From £○○○」というの本当に気をつけないとね~。

で、結局自分で作ることにした。

時間は費やしたけど、おかげで、生地代だけで済んだ。

自分で作れるというのは、本当に経済的。

次は、皆さんの椅子カバーの作品をお見せいたします。
[PR]
# by maribabalondon | 2009-01-31 08:29 | 椅子カバー | Comments(11)

江戸っ子な友達 その5「ザ、日本の朝ごはん」

熟睡し、朝は気持ちよく起きられた。

身支度をしている間に、淳子さんと、娘さんのMちゃんが、台所でせっせと手際よく
朝食の支度をしている。
Mちゃんも淳子さんから学んだのか、なかなか手際がいい。
こうして母、娘で食事の支度をしている姿は、なかなか絵になるし、見ていてほほえ
ましい。

あっという間に仕度が整い、テーブルに運ばれてくる。

この日の朝食は、まさに「ザ・日本の朝ごはん」で、お味噌汁は(麦・白味噌)これまた豪華版で、10種類以上の根菜中心の具が入っている。
私のお味噌汁なんか、せいぜい2~3種類だというのに。

いつもは玄米だそうだが、この日は来客のために白米を炊いてくれた。
そのご飯に、手打ち蕎麦のときの、「日本一のこだわり卵」をかけていただいた。
f0179059_0454761.jpg
 
う~ん、これこれ、この味、卵かけご飯なんて、いったいどのくらい食べてなかったかしら?
それに、明太と、明太昆布、糠漬けなど、、、

面白いのは、食事にテーマや、ネーミングみたいなものを、淳子さんは勝手に付けて
楽しんでいる。

たとえば、漬物が切れたとき、ちゃちゃっと作ったキュウリの漬物、
「うん。これ、結構いけるじゃない。」と思ったときは、「キュウリの絶好調漬け!」などとするそうだ。
そうすると、さらに美味しく、楽しく食べられるのだそうだ。
(ユニークな友達、、、、。)

「ザ・日本の朝ごはん」絶好調でおいしかった。 ごちそうさま!
 
[PR]
# by maribabalondon | 2009-01-29 00:51 | Comments(13)

江戸っ子な友達 その5 「こころざしが無い、、、」

淳子さんが準備してくれたものを、いよいよテーブルに運ぶ。
わー、おいしそう!! 

では、皆で乾杯しましょうと、出してくれたのは、
ドンペリ ロゼに勝ったと言われる、ロジャーグラードのスパークリングワイン
f0179059_7511059.jpg

じゃあ、乾杯!

More
[PR]
# by maribabalondon | 2009-01-27 08:12 | 日本 | Comments(18)

江戸っ子な友達 その4「まぼろしの鯖寿司」

また、日本滞在日記の続きです。

「今夜は身内だけで食事会を開きます。」

淳子さんは、お魚の買出しに、御徒町の吉池へ出かけて行った。
「私は、吉池を下町の築地と呼んでいるの。」と淳子さん。

今夜は、娘さんのMちゃんと、ご主人のKさんもやってくる。

しばらくぶりに再会した、占い師のSさんと、話に花を咲かせているうちに、淳子さんが
買い物から戻ってきた。

「なにか手伝おうか?」と私達。「大丈夫、座っていて。」と、いつも一人で手際よく
料理をする淳子さん。

お魚の光ものが、苦手な人がい多いけど、私は、昔から鯖が大好き! 

それを覚えていてくれて、どうしても私に食べさせたいと、わざわざ滋賀県の旭屋という
ところから、「鯖の棒寿司」を取り寄せてくれた。
f0179059_23407.jpg

この鯖の身の厚さ、ご飯と同じくらい厚い! 見るからに脂が乗っていて、
身がはちきれそう!
f0179059_2362641.jpg

鯖だからって馬鹿にできない! サイトを見てびっくり、値段も凄い!

ちょっと、一切れ、「う~ん、おいしい~。」
もう一切れ、、、うふふ、、、食事会の前につまみ食い。

「ねえ、それ何? 何作っているの?」
f0179059_2395410.jpg

「これは、蕎麦味噌。」「へー、初めて。」
「日本酒にぴったりの蕎麦通おつまみなの。」と食道楽らしい答えが返ってくる。

蕎麦味噌の作り方を聞きました。
西京味噌・砂糖・柚の皮のみじん切り・鰹節に蕎麦の実を合わせよく混ぜて、へらに
ピッタリこすり付け、直火で焦げ目がつくまであぶるそうです。


本当にこれは、日本酒にぴったり。おいしかった。

そこへ、娘さんのMちゃんと、ご主人のKさんがやってきた。

「さあ、みんな、部屋着に着替えてから、ゆっくり楽しみながら食事しましょう。」

こうすると、ほんとうにリラックスできる。これは、お泊りする気のおけない仲間への、
淳子宅の接待術のひとつだ。

皆さっそく部屋着に着替える。でも占い師のSさんはいっこうに着替える様子なし、、、、。
淳子さんが、「着替えないの?」
「いいの、この洋服の下に、もうパジャマ着てきたから。」

もう皆で大笑い。

次はまたおいしいものがいっぱいです。お楽しみに。
[PR]
# by maribabalondon | 2009-01-24 23:32 | Comments(11)